身体と性格のコンプレックス

コンプレックスについて。まずは、身体のコンプレックス。

それは毛深いこと。これは父親の血を引いたんだと思うのですが、男子並みに毛が生えてきます。ストッキングを履くと毛が逆立って超気持ち悪い!!

一回剃ってからというもの、毛は太くなるし毛穴は広がるしで私の肌の見た目はボロボロでした。こんなのでは恋愛もできなくて・・・綺麗になりたい!!って思い、脱毛に通うことにしました。

厚木市に住んでいるのですが、本厚木駅の近くの脱毛サロンがあったので通いやすく続けて行くことが出来ています。

次は、どうしようもない性格のコンプレックス。私はずっと自分の意見を話せないのがコンプレックスでした。

このようになってしまったのにも原因があります。
私がこの様になってしまったのは母親のしつけ方と、中学時代のいじめが原因だったと思います。

母親はとても優しい性格です。なぜかいつも遠慮をしています。常に『人を傷つけることをしゃべってはいけない』と教えらてきました。

でも、そこがしっかりと教えられていなかったのです。私も勘違いしていたのが悪かったのだと思います。確かに傷つけることを言ってはならないと思いますが、人として間違いを起こしたときしっかりと言わなければならない場面もあります。そういう所を私自身も勉強をするべきところでした。

た、中学の時特定の人からいじめを受けていました。もともと、こんな性格だったせいもあっていじめっ子に立ち向かうことができませんでした。
私はとにかく喧嘩が大嫌いです。できればスルーしたいです。人と衝突することを常に避けてきました。今思えば、どうしてあの時いじめっ子に立ち向かわなかったんだろうと反省してしまいます。

でも、私はこんな性格のおかげで助かった部分もあります。母親には人には親切にしなくてはならないと言われていました。
中学時代も話をしてくれる友達にはいつも笑顔で、楽しい話をしたり親切にしていました。中には私のいじめを見て見ぬ振りができなかった友達もいます。
私と一緒に戦ってくれた友達もいました。

 

言いたいことを言えない性格というのは本当に損ばかりします。
相手の言いなりにばかりなってストレスが溜まります。どうにかして治そうとこれまでも頑張りましたが、やはり親を見て育つものですのでなかなか治りません。性格を治すのは自分の行動次第です。